私立中学を受験する際の塾の選び方

中高一貫校が増えた昨今、子どもを私立中学に受験をさせようと思う方は増えているといわれています。
受験を考えるようになると、まず最初に塾の選び方について迷うという声をよく聞きます。
受験を専願で1校だけうけるか、それとも受験する際にはそのときにより高いレベルの学校を受験させるのかという方針によっても変わってきます。
しかし、それぞれの学校にたくさん合格者を出している塾でも、入塾テストや塾のクラスわけで、下のクラスになってしまうと、授業がさわがしく勉強できない環境になることも多いようです。
上位クラスに入ることが重要になってくるならば、やはり自宅学習や、継続して勉強することができる力をこどもと一緒につけていくような家庭学習が必要となります。
また、お子さんの性格によっては、個人もマンツーマン方式が向く場合や、たくさんのクラス分けがあり、切磋琢磨する方式の方が向く場合もあります。
親として、常に子どもの状況を把握し、その時々に柔軟に対応することも必要です。